本年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。

今年の年末年始は、結構な距離を移動しました。

高岡→能登→高岡→岐阜→愛知→三重→滋賀→京都→福井→石川→高岡

伊勢神宮参拝や京都比叡山登頂、延暦寺参拝が目的。

初の伊勢神宮や延暦寺はパワースポットなのか分からないですけど、清々しく爽やかで何とも言えない良い気持ちになりました。

今年初登りになる山、比叡山山頂までは比叡山高校から上がり、下りは琵琶湖側から降りたのですが、まー寒い!

5、6時間ほど歩くので当然汗もかくわけで。それがメリノウールで全身固めていても降りてきたころには、すっかり冷えきってしまい高岡に着くなりダウン。

発熱は何年ぶりでしょうか。

風邪はめったにひかないのですが。

 

私の風邪の対処法はこれ!

 

たっぷりの水分と睡眠

 

高岡に着くなり旅の片付けも大量の洗濯物も構わず放置。即効寝ました。

とにもかくにも寝る。寒くても暑くても、体が辛くても頭が痛くても、とにかくじっと我慢して寝る。我慢。我慢。

症状を受け止めて、観察する、そしてそれが過ぎるのを待つ。

汗をかいたら着替えて寝る。

水分は主に水、おさ湯、梅干し熱湯。

おトイレで出したらまた寝る。

食事は1日目なし。

2日目 みそ汁、果物など少々

これで丸2日半でだいたい治ります。

熱が下がり体が楽に軽くなって鼻水や咳、タンがでたら出し切って終了。完治まではあと2日半ほど欲しいところですが。

病院や薬は利用しません。

なのでお仕事をしている方々は風邪をひいたら最低3日以上はお休みが必要ということになります。

 

必ず用意するもの

水、テッシュ、着替え、家族の優しい言葉少量。

 

今日は仕事初め。
間に合ってよかったです。

というわけでご挨拶が遅れてしまいました。

 

皆さま、今年もシーズスタイルをどうぞよろしくお願いいたします。

 

伊勢神宮参拝の総理に遭遇

 

年末年始お休みのお知らせ

いつもご利用いただき誠にありがとうございます。

シーズスタイル年末年始お休みのお知らせです。

2018年12月31日(月)~
2019年1月7日(月)

2019年1月8日(火)より通常営業となります

何卒よろしくお願いいたします。

 

体の変化は行動することで起こります。
何も行動しなければ変化はありません。

1度矯正を受けても、これまでと同じいつも通りであれば体の変化は期待できないでしょう。

たまに行くジムやヨガ、整体やマッサージより(否定しているわけではありません)
日常の中でほんの少し体を意識し、出来ることを見つけ、それを習慣にすることが体の変化にはもっとも近道です。

今の状態はこれまでの積み重ねの結果です。
良いとか悪いではなく、ただ『そうだ』という事。

今までとは違うものを新しく積み重ねていくと、違う結果になるというだけ。

シーズスタイルはそのお手伝いをしています。

 

首肩こり、偏頭痛、腰痛、冷え、むくみ、生理痛、生理不順、PMS
骨盤の歪み、猫背、巻き肩、下半身太り、0脚、
だるい、元気が出ない、睡眠が浅いなどの症状は必ず原因があります。

原因を丁寧に紐解く。

症状の放置や薬などの対処療法では今はよくてもその先には何が待っているでしょう。

 

生活を変えずに体がいい方向に変わることはありません

 

当サロンは、その方に合わせた調整をし、『その結果、体が変わった』を目指すため
日常に気を付けていただきたいことなどの話をさせていただいています。

開業して2年。
実行している方は確実に変化しています。
お客様から頂く言葉が本当に嬉しいですし、やってよかったと思います。

これからも頑張る勇気になります。

 

最近、「痩せたい」「体重を減らしたい」という方が多いですが
大事なのは体調です。

そして本来持っている体の力やフォルムに戻せた時が
適正体重です。

数字にとらわれないでほしいです。

 

これから寒くなりますね。
だからこそ出来ることを一緒に見つけましょう。

この冬を元気に過ごしたい方
ご予約下さい。

骨盤のニュートラルポジション

こんにちは。シーズスタイル堀です。

今日は骨盤のニュートラルポジションについてのお話です。

骨盤は背骨が乗っている土台で、上下半身を隔てる起点になるので、ここが傾いたり歪むとかなり姿勢に影響します。

骨盤そのものに歪みがある場合は調整が難しいですが、大体の方は骨盤全体の傾きが原因となり歪みを引き起こしているように思います。
なのでこの傾きの原因を考え、調整することが改善の近道になります。

自分の骨盤をチェックしましょう

まず骨盤のゆがみを見る箇所は2つ。

1.骨盤の前後の傾き
2.骨盤の左右の傾き

1は、右の腸骨と左の腸骨と恥骨の三点を結んだ三角形が床に対して垂直かどうか。(ネットからお借りしました)

2は、ウエストに手をあててそのまま下に下げると骨盤の一番高いところに当たります。その高さの左右差をチェックします。左右対称が理想です。

下図の一番左と左から4番目が骨盤のニュートラルポジションです。(ネットからお借りしました)


このチェックで骨盤のニュートラルポジションが確保できてない、あるいは挑戦してもうまくできない場合は、腹圧が不安定だったり胸郭や体幹、お尻、脚周りの筋肉が緊張して硬くなっている可能性が高いです。

骨盤をニュートラルに確保する方法

・まずは、たった今から胸郭全体を使って大きく呼吸することを心がけること(腹圧の安定)
・普段からお腹を締めて骨盤のニュートラルを維持すること
・普段動いていない筋肉や関節を動かすこと

このチェックで骨盤のニュートラルを確保できている方は、立っているとき、座っているとき、歩いてるときも骨盤はニュートラルのポジションにあるかどうかを意識してみてください。

骨盤の歪みは早いうちから調整した方が今後の不調を防ぐこともあります。

骨盤をニュートラルに確保する方法は矯正を受けると格段に意識しやすくなります。
骨盤の歪みにお悩みの方はご予約下さい。

夏休みのお知らせ

いつもご利用いただきありがとうございます。
シーズスタイル8月のお休みについてお知らせいたします。

 

誠に勝手ながら下記の通りお休みをいただきます

8月14日(火)~16日(木)までお休みです

17日(金)より通常営業となります
定休日は毎週月曜/第一日曜/第三日曜です

 

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。