ブログ

新型コロナウイルス感染予防対策について

いつもご利用いただき誠にありがとうございます。
当サロンでは新型コロナウイルス感染予防のため下記の取り組みを実施しています。

・抗菌または抗ウイルス空気の浄化作用のある精油の使用
・担当者のマスク着用毎日の検温による健康維持
・施術時において担当者の手洗いや消毒の実施
・お客様が自由に利用いただける消毒液の設置
・空気清浄機や消毒液によるサロン内環境維持

以上となります。

また、体調がすぐれない方や風邪の症状がある方はご来店をお控えくださるようお願い申し上げます。

今後もお客様の安心安全に努めてまいります。
お客様にはご心配とご迷惑をおかけしますがご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

RESERVA予約システムから予約する

背中の丸みや、二の腕のたるみは肩甲骨のポジションが鍵

こんにちは。いつもご利用いただき誠にありがとうございます。シーズスタイル堀です。

今日は肩甲骨の位置についてお話しします。

肩甲骨は背中を綺麗に見せる、またはたるんだ二の腕の締まりにも大事な要素です。

よくTVなどで肩甲骨を動かしましょう!とやっていますが、正しい位置で動かさないと効果が出にくいでしょう。

肩甲骨には腕がハマっているため、肩の可動性や安定性にも大事な要素で、肩の痛みが起こるときには肩甲骨の安定性も問題になっていることが多いです。

私が見る肩甲骨の見方は角度。人には個体差や骨格差がありますので角度を見るのが分かりやすいように思うからです。

正面より横からの角度(この画像は上から)を見ます。なので自分で見ようと思うと結構難しい。。なかなかズレていても気づきにくいです。写真などを見て気づくパターン←これは私です汗。

猫背や巻き肩になると肩甲骨は必ずズレてきます。
放置すると肩に負担かかかり疲労がたまり、胸椎(背骨の首下から腰上までの骨)が硬くなります。

胸椎が硬くなると大変です。
首に疲労がたまり、骨盤は傾き、股関節の可動域にも影響が出ますから。

つまり全身に及ぶわけです。

少しくせがある程度のうちに何とかしておきたいものです。

肩甲骨がズレて凝り固まった方でも正しく動かすことで改善します。
時間はかかるかも知れませんが、硬いところを緩めながら調整を重ねていくことが有効です。

背中の丸みや腕のたるみが気になる方、首肩背中が辛い方、呼吸がしずらい方、普段運動不足な方、ご予約ください。

※最近メニューの時間を少し変更しました。スタンダード以外の施術時間を10分長くしました。料金はこれまでと変わらず税率も据え置きです。
当日お急ぎの方は来店時にお伝えください。よろしくお願いいたします。

RESERVA予約システムから予約する

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
2020年もはりきってまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

年始は7日(火)より通常営業となります。
皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

年末までのご予約について

いつもご利用いただき誠にありがとうございます。

年末までのご予約についてお知らせいたします。

おかげさまで年末までのご予約枠はすべて埋まり終了となりました。
予定されていた方には申し訳なく存じます。

新年は7日(火)より通常営業となります。

皆さまのご予約を心よりお待ちしております。
よろしくお願いいたします。