なぜ歩くか

こんにちは。シーズスタイル堀です。

歩くことが体に良いことは分かっていても、歩くのはちょっと苦手という方に。

歩くこと自体は嫌でも、『何のために』または、『どうなりたい』を明確にすると案外平気になります。

歩くことを目的にせず『歩くことで手に入れるもの』を目的とすれば苦になりません。

 

まずは5分から。

変化の時

こんにちはシーズスタイル堀です。

施術を受けた方に必ず伝えていることがあります。

「変化するのか、いままで通りなのか?」

施術を受けるとからだが変化します。

それは施術中にからだの書き換えがされて行きそうな気がしますが

実は施術が終わってからです。

お客様自身のからだが、施術という外圧により大きな変化を強いられたわけですから

恒常性を無視されたほどのびっくりさです。

その変化を受け入れるか、排除するか。

お客様はその判断を施術が終わってから何日もかけて繰り返していきます。

「変化するのか、今まで通りなのか?」

私は、施術後にお伝えしている一言一言に大きな意味を込めています。

 

 

 

座りっぱなしのリスク

こんにちは。
シーズスタイル堀です。

クローズアップ現代にこんな内容がありました。

座りすぎは、病気になっちゃうのでは?という内容です。

座りすぎは体に良くないんだと改めて思いました。

確かに座り続けることで第二の心臓と言われている脹脛のヒラメ筋が十分に静脈血を心臓に返すことができなければ血行の悪化からいろいろな問題が出てくるのは想像できますね。

または座り続けることでリンパ液が足にたまり、むくむということもあります。

だからといって仕事は辞められませんし、立ってパソコンを使う事も無理な問題です。

 

しかしオーストラリアでは小学校で「立ちながら授業が受けられる机を使う」
という取り組みをしているそうです。

日本の企業でも椅子を使わない仕事場や会議室が増えていて、立ったままの方がコミュニケーションがとりやすく仕事の効率がよくなるといいます。

まあよくよく考えると立って移動するときに起きる血行の促進が大事だというのは世の中の大半の方は分かっているでしょう。

座り続ければ病気になるリスクが高いなら、立ちながら仕事が出来る対策をしていこうという会社がどんどん増えるといいなと思います。

日本の医療費の問題も軽減できるかもしれません。

 

 

とにかく脹脛を動かしましょう。

 

 

太腿前側の張りは骨盤の位置の調整で落ちる!

こんにちは。
高岡市美容整体サロンシーズスタイル堀です。

下半身太り、特に太腿の横や前側の張りにお悩みのお客様が多いので今回は脚痩せについてお話しします。

 

なぜ太くなるの?

 

筋肉が頑張っているから太くなる

脚が太くなる原因で一番大きいのは脚の筋肉に過剰な負担がかかっている場合です。
太く、硬く張っているところは無意識に体重や力がいつもかかっているという事。

よーく観察すると気づけると思いますが、立っているとき前腿や膝に体重がかかっているはずです。
歩くときや階段を上るときなどもそう。

残念ながらこの場合、脚痩せを目指して運動したりウォーキングやランニングしたりしても効果は低いです。
しかもマッサージやエステなども効果は同じだと思います。

 

 

太くなる原因を改善する

 

前腿の筋肉が太く硬くなるとその部分にくっついてる股関節が引っ張られ横にずれます。

丸のところ(大転子)が横に出っ張る

太腿がますます太くなり股関節の可動域が狭くなり動かしにくくなる、、そうなると余計に太腿に負担がかかり、、の悪循環。

これが下半身太りとなり冷えやむくみの原因ともなるのです。
以前の私もそうでしたからよく分かります。
今もまだまだ太いですがあることを意識するようになってだいぶ改善しました。

 

で、どうすればいいの?

 

前腿の張りが強い方はだいたい骨盤(腰)が前に出ています。
立った状態で真下を見たときに足が見えないくらい前に出ている。
連動して骨盤が反ったり、後ろに傾いたりしてお腹がポッコリ出ていたり腰痛があったり。

 

で、骨盤の位置の調整!

 

・普段から腰を引くようにしてください。

・普段から腹筋(深層筋)を使う。お腹の力を使わないと脚に過剰な負担がかかり太くなります。

・普段から股関節を動かすことを意識する。

・普段から足の指や足裏をしっかり使う。

これだけで脚の過剰な負担が減り、本来の柔らかい真っ直ぐな細い脚に戻ります(個人差はあります)。
すぐには変化しませんが続けることで確実に変わります。

立ち方や座り方などの姿勢は、力をかけて頑張って矯正するのではなく、力を抜いた楽な状態で普段から気を付けておくことがポイントです。

 

大事なのは姿勢が良くなるからだの使い方

 

簡単で効果抜群の腹筋方法や股関節の動かし方のコツ、足裏の意識なども施術後にお伝えしています。

調整後はからだが整い、骨盤を意識しやすい状態が続きます。

健康的にそして確実に脚痩せしたい方ご予約ください。

 

股関節を動かす

股関節の硬さは老化を加速させます。

女性の要の臓器が集まる股関節周辺は
柔軟に動くことが理想です。
脚の冷え・むくみは勿論、お尻まで凝り固まり腰痛や坐骨神経痛を引き起こします。
関係ないのでは?と思うかもしれませんが
生理痛や便秘、下半身太りなどの悩みや女性特有の不調に直結します。


そしてなにより 股関節が硬いと骨盤やその周辺の筋肉が動かず固まり、姿勢や脚の形が悪くなります。

結果、疲れやすく年齢より老けて見えるようになると言う事です。

 

とにかく動かすこと。

 

毎日股関節を動かす。
出来ればからだも動かす。

そして栄養(タンパク質、脂質、ミネラル、糖質)をしっかり取って、からだを作り筋肉をつける。

 

特別な運動や鍛えるトレーニングよりも、股関節やからだを動かす生活が若々しさを保ちます。