二の腕が太くなるのは肩のズレが原因

いつもご利用いただきありがとうございます。シーズスタイルの堀です。

今日は二の腕が太くなる原因について。

二の腕が太くなるのは何故か。どうすれば細くなるのか。

全身の関節にはニュートラルポジションがあります(本来の位置)。
関節が本来の位置から外れると筋肉も正しく動けなくなり形(ボディライン)が崩れてしまいます。

肩の場合、背骨をまっすぐに保てず肋骨が崩れることで肩甲骨が本来の位置より外側にズレてしまいます。

肩甲骨が外にズレると、巻き肩になり胸筋が硬く縮みやすくなります。
胸筋が縮むと、逆に背筋が伸びたまま硬くなり縮みにくくなるのです。

縮めなくなった背筋はどんどん弱くなります。

肋骨が崩れて背筋が使えない
肩甲骨がズレて正しく腕の筋肉が使えない
血液やリンパの流れが滞る

これが二の腕を太くする原因です。

ちなみに首のシワも、背骨・肋骨がズレることで肩と頭の距離が短くなり皮膚がたるみ出来てしまうのです。
以前の私は首のシワがくっきりでだいぶ悩みました。当時、姿勢が原因とは考えもつきませんでしたから。

ではどうするか。

腕が太くなる姿勢の真逆の姿勢をする。

(画像はネットからお借り)
向かって左が〇
・足裏がしっかりついている
・骨盤が立っている
・骨盤の上にまっすぐ肋骨が乗っている
・耳と肩と股関節がまっすぐそろっている

背骨、肋骨が正しい位置にあると、肩甲骨はおのずと正しい位置になり腕の筋肉が正しく使えるので細くなります。
首も皮膚のたるみはなくなりシワもできません。バストアップも期待できます。

背骨、肋骨のニュートラルポジションは骨盤のニュートラルの安定が重要です。

骨盤のニュートラルは股関節矯正、呼吸、筋肉、意識、で手に入れることができます。

薄着の時期がやってきましたねエプロン

骨盤のニュートラルを手に入れてノースリーブのワンピースでお出掛けしたい方
一度きりになってしまったお客様
久しく骨盤矯正を受けていない方
今まで一度も骨盤矯正を受けたことない方などなど
いつでもご予約ください。
お待ちしております。

足をまっすぐにするエクササイズ!

こんにちは。いつもご利用いただきありがとうございます。シーズスタイル堀です。

「時間がたつと意識するのを忘れてしまう」「エクササイズがどんなだったか忘れてしまった」という方へ。
先日リクエストをいただいたのでおすすめ動画をご紹介します。

このエクササイズは脚の形だけではなく姿勢やスタイルアップに抜群です。
私も最近運動不足が続いているので今日からチャレンジしようと思います。

変化に不可欠なのは継続です。
無理なく少しずつ。
夏に向けて好きな洋服を着るために音譜

老け感と姿勢

こんにちは。いつもご利用いただきありがとうございます。シーズスタイルの堀です。

私は常日頃、整体やトレーニングも大事ですが日常(普段)が一番大事とお伝えしています。

なぜなら基本的に人の身体は、食べたもので構成されて、普段の身体の扱い方に沿って発達します。

なので姿勢や動作に問題が多ければ、そのまま身体の機能に現れます。

つまり身体はその方の日常を表しているのです。良いとか悪いではなく。

今は「こう」だだそれだけ。
その方が今後「どうなりたいか」「そのために何が出来るか(やめるか)」が大事。
そこに重点を置きます。

私は矯正を受けた後が本当の施術と考えています。

まずは呼吸と足裏の見直しから。

代替医療師Vanillaさんの記事☟
https://ameblo.jp/holistetique/entry-12462236160.html

足首を細くしたいなら

こんにちは。シーズスタイル堀です。

今日は足首が太いとお悩みの方にその原因と改善方法を書いてみます。

足首は基本的に太く見えるパターンは大きく分けて3つ。

1 関節の歪み 2 浮腫み 3 太もも、ふくらはぎとのバランス

多くは1と2がセットになり、さらに3も加わることもしばしば。(3は足首が太いのではなく太ももやふくらはぎが細いためそう見える。この場合は運動で改善できます)

1の関節の歪みは、基本的に股関節からの歪みの連動で起き、股関節のねじれ→膝のねじれ→足首の歪み→足部の歪みと連動します。

足首は、下モモの脛骨と腓骨(膝下の骨2本の事)が距骨(甲の手前の骨)に噛み合わさるようにした距腿関節が構成されていますが
膝のねじれが生じると距腿関節の咬み合わせがズレてきて、脛骨と腓骨が開くようにして歪みます。
そうすると足首は横に広がり太くなります。さらに足部周りの筋肉の動きも制限され運動量も減る傾向があり浮腫みやすくなるのです。

浮腫んでいる足首の特徴として、アキレス腱が埋もれている、皮膚が癒着していて摘まめない、摘まんだり押すと痛いなど。

歪みの改善には、股関節矯正と歪みを直すトレーニング(足指、足裏の強化)そして普段の足のポジションを正しく保つ意識が必要となります。

正しいポジションは細かいことはいろいろありますが、シンプルに言うなら膝と人差し指を正面に向けて歩くこと、立つこと。(ざっくりし過ぎでごめんなさい)

どうですか?
普段、膝と足の人差し指はどこを向いていますか?

当サロンは施術後、簡単なトレーニング法と普段意識していただきたいことをお伝えしています。
又は、その方の体の状態や生活環境に応じて無理なく続けられることを一緒に探していきます。

私がそれを重要視するのは、普段の体の使い方が見た目に現れてくるので、普段の意識が変わらないと変化や改善が難しいためです。

今日から膝と足の人差し指をよく観察して、出来るだけ正面に向けて歩いてみてください。
歩きずらい方はシーズスタイルで歪みを改善しトレーニングしましょう。
お待ちしております。

GWお休みのお知らせ

いつもご利用いただき誠にありがとうございます。
ゴールデンウイークのお休みについてお知らせいたします。

誠に勝手ながら下記の日程の期間中はお休みとさせていただきます

5月1日(水)~4日(土)まで
※5日(日)、6日(月)は定休日です

メール、LINEでのお問合せ&ご予約は365日24時間受け付けております
よろしくお願いいたします