劣化のとめかた

こんにちは。シーズスタイルの堀です。

今日は劣化をとめたい方、アンチエイジングに興味のある方にお勧めの本のご紹介です。

『ちつのトリセツ』

径書房
指導・監修:たつの ゆりこ
著:原田 純

https://www.amazon.co.jp/ちつのトリセツ-劣化はとまる-原田-純/dp/4770502222/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1538962410&sr=8-1&keywords=%E3%81%A1%E3%81%A4%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%BB%E3%83%84

女性器の劣化について知ることができます。
皆さま是非!

内容紹介

世界では常識! 日本は、ちつケア後進国!

ちつケアや、会陰マッサージは、ヨーロッパ、アメリカ、インドでは、すでに常識。
知らない・やっていない・ほったらかしなのは、日本人女性だけです。
ちつは、ほったらかせば、たるむ・乾く・硬くなる・ひからびる・萎縮する・落ちてくる!
恥ずかしい、いやらしい、なんて言っている場合ではありません!
オトナの女性は、すぐに始めてください!
妊婦さんは、正しい会陰マッサージの方法を知りましょう!

冷え症・におい・黒ずみ・生理痛・PMS(生理前症候群)・頭痛・肩こり・腰痛
尿もれ・便秘・性交痛・不感症・骨盤臓器下垂、難産……。
これらの不調は、すべて、ちつや女性器がおとろえていることを知らせる危険信号!

「セックスなんてしないから、関係ない!!」と、思う方もいるでしょう。
とんでもない! ちつや女性器のおとろえは、全身に大きな影響をあたえます。
ちつや女性器がおとろえているということは、
胃や腸、子宮や膀胱を支える筋肉すべてがおとろえているということなのです。

パートナーがいる、いないは、関係ありません!
年齢も関係ありません!
若くても、更年期でも、閉経しても、高齢になっても、
女性なら、ちつケアは、「しなければならない」こと!

とくに注意が必要なのは、スタイルに自信がある方。
ちつや女性器のおとろえは、スタイルに自信のある、やせ型の女性ほど、加速する傾向にあるからです。

本書では、ちつや女性器のおとろえを、自分でチェックするポイントを解説。
西洋医学・東洋医学・アーユルヴェーダの知恵を活かした、効果絶大な、ちつケア&会陰マッサージのやり方を図解!!
聖路加病院の取り組みや、欧米での普及の様子、アーユルヴェーダで行なわれている女性器のセルフケアも紹介。

ちつケア&会陰マッサージは、自分の健康のために行なうセルフケア。
美しく、健康に生きるための、究極のアンチエイジング。
きちんとお手入れすれば、私たちは自分の力で、不調を改善することができるのです。

 

なぜ歩くか

こんにちは。シーズスタイル堀です。

歩くことが体に良いことは分かっていても、歩くのはちょっと苦手という方に。

歩くこと自体は嫌でも、『何のために』または、『どうなりたい』を明確にすると案外平気になります。

歩くことを目的にせず『歩くことで手に入れるもの』を目的とすれば苦になりません。

 

まずは5分から。

疲れの解消法!

疲れが溜まったら自然に触れると解消されます。
または自然の中でからだを動かすと疲れが取れます。

みなさまInstagram是非フォローお願いします。並びにFacebookにいいね!お願いします。

脱!スポンジ

こんにちは。
シーズスタイルの堀です。

この度、洗濯革命のランドリーマグちゃんに続き大変理想的なものに出会いました。

それはFB友達を通じて知った『捨てないネット(sutenainet)』→sutenainet

 

これは今までスポンジを使っていたところ全部に使えます。

グラス、食器、鍋、フライパン、シンク、ガス台回り、お風呂、洗面台などなど全部!
芋の土落としなどにも使えます。

少し洗剤をつけて使用しますが、そのままでも使えます。

魚網の再生品なので丈夫で劣化が無く、汚れが残留せず干すとすぐ乾きます。

 

スポンジは本当に嫌だったなく
色々試しましたが使いにくいのがほとんど。

1番のネックは頻繁な買い替えと、その見た目。

水分を含んだまま不衛生だし、グラスと分けて使うのも無駄だし

なんとかならないのかと思ってました。

 

これを使うようになって全部が解決!

汚れがよくとれる、何年ももつ(たぶんずーっと)、見た目も悪くない(むしろいい)、値段が安い。

 

スポンジが嫌だなーって方は是非使ってほしいです。
スポンジって何だったの?って感じです。

 

これはずっと使える『捨てない』優れもの

嬉しいアイテムがまたひとつ増えました笑う

~ランドリーマグちゃんの記事の補足~

・洗濯後はマグちゃんも干す(洗濯機に入れっぱなしはダメ)
・お風呂の残り湯でのつけおきは良くない
・洗濯ものを詰め込みすぎない