風邪の症状がでたら。

こんにちは。
シーズスタイル堀です。

最近風邪をひいてる方を多く見かけます。
風邪をひいたとき早く治るといいなと思いますよね。

今日は風邪の症状が出たときの対処法のお話です。

「治す」ではなく「治る」というのがポイント

人は本来、病原菌となるウイルスや細菌からからだを守るための免疫をしっかり持っています。
風邪の症状が出たということは免疫が何らかの理由で低下しそれらの侵入を防げなかったという事になります。
喉や関節の痛み、頭痛、発熱、鼻水、咳、下痢などとてもつらいですね。

しかしこの症状は侵入した病原菌となるウイルスや細菌と免疫が戦うことで出ているということを知っていましたか?

つらい症状=悪い というイメージですぐに消したくなりますが実は全くの逆なんです。

発熱→ウイルスは熱に弱いのでからだの熱を上げ退治する
痛み→白血球や免疫細胞が病原菌と戦うことで炎症が起こり痛みが出る
鼻水や咳、下痢→からだのいらないもの(病原菌や死滅した白血球など)を体外に排出する

このようにつらい症状はしっかりからだが反応し戦ってくれている証拠なんです。
なのでこの症状が出たらまず最初にすることは免疫を高めること!
薬で症状を抑えてしまう事ではありません。

免疫を上げれば自然に段階をへて完治し症状はなくなります。
だから「治す」ではなく「治る」が正解。

では風邪の症状がでた時の対処法です。

1 寝る
2 食べない
3 動かない
4 ミネラルと水分をしっかりとる(天然塩入りの水)

こう書くとちょっと極端ですが基本はこんな感じです(もちろん例外はあります)

とにかく体をやすめてゆっくり過ごす
たくさん食べると消化にエネルギーをとられてしまうので無理して食べない
仕事や家事や育児はおやすみして周りの人にお願いする(甘える、頼る)
脱水になりやすいので十分な水分とミネラルをとる

一見当たり前のようですが忙しく過ごしている方には難しいのが現状かもしれません。
ただ出来るだけこのことを知っておいてほしいと思います。

 

現代は風邪にかぎらず不快な症状がでたらすぐに病院や薬で消そうとする傾向がありますがこれは企業の広告や医療業界の刷り込みが強いのだと考えます。

昔はよっぽどのことが無いかぎり利用しなかったはずです。

からだに起こる様々な症状をしっかり観察して受け止めることは
自分のからだと生きていくうえでとても大切なことです。

「症状を受け止めその原因を考え改善していく」
この積み重ねがからだを強くするのですから。

そして「早く治そうとしないで自然に治るのを待つ」という余裕も必要です。
これが結果的に早く完治することに繋がります。

何度も言います。
その症状は必要で起こっているということ。
これが理解できればどうすべきかおのずと分かると思います。

そうやって自然に治った場合はからだが緩み歪みがとれ、からだ中のゴミが出てスッキリします。そして以前より免疫が強くなりより元気になるのです。
野口整体(昭和20年代に野口晴哉先生が提唱した整体法)では、からだは必要に応じて風邪にかかるとも考えられています。

からだはよくできていますね。

何度もそして何年も薬で症状を抑えてしまうと、それらは治りきらずからだは次第に弱くなっていきます。

 

からだの反応を邪魔しないよう何を優先するかが鍵なんですかぎ

小顔矯正。

こんにちは。
今日は小顔矯正についてです。

顔の傾き、歪み、たるみ、むくみ、エラ、口角の左右差などでお悩みの方は必見です。

そもそもお顔が傾いたり、歪むのは姿勢と顔の筋肉の硬さ(コリ)が原因です。(先天的な場合や精神的な問題、内臓や栄養状態のお話は今回は別にします)

顔はからだと繋がっていますので小顔にしたいからと言って顔だけ調整してもあまり効果はありません。
ですのでお顔の歪みは姿勢から改善するのが理にかなっています。

姿勢が悪く猫背ですと肩が内側に巻き込み、首が前に傾き、頭が下がり顎が上がります。
頭の位置がずれることでかみ合わせや首、肩周りの筋肉のコリが強くなりお顔の筋肉に影響し傾きや歪みがでます。

 

小顔スッキリコース 80分

小顔スッキリコースはスタンダードコースでからだを整え、首、頭をほぐし緩めてから小顔矯正を始めます。

 

おでこをひき上げて目を開きやすくする
(クマや目の疲れ)

・ほお骨の筋肉をほぐし調整する
(ゴルゴ線や目の位置の左右差)

・顎のコリをとりフェイスラインをスッキリ調整する
(エラ張りや法令線、口角の差、むくみ)

・本来の鼻筋を引き出す

 

顔の筋肉が硬いとむくみやすく、弾力がなくなり下がります。
なので筋肉をほぐし血行を良くし、いらないものを回収することがポイント。
結果、筋肉の弾力が戻り若返ります。

毎日忙しい方、頑張りすぎている方、ストレスが強い方、食いしばりや歯ぎしりが原因でエラが張っていませんか?

毎日パソコンで目や頭、首が凝って頭痛に悩まされたり、目の下がたるんだりクマができたりしていませんか?

表情が動かず顔の筋肉が硬く全体に下がっていませんか?(口角は下がっているほうの筋肉が硬くなっています)

 

 

硬い方ほどほぐすと痛いです。
しかし痛いほど小顔になり癖になる小顔矯正。

当サロンでからだを整え本来の小顔を目指しませんか?

自分で出来るお顔ほぐしもお伝えしています。
是非ご予約ください。

 

ぐっすり眠る方法。

こんにちは。シーズスタイル堀です。

過ごしやすい季節になりました。
今日はぐっすり眠る方法のお話。


よい睡眠とは

朝スッキリ起きれて1日眠くならず頭が冴える
寝つきがよい
疲れが超回復する
脂肪が燃焼して痩せる

 

ぐっすり眠る方法

カフェインは午後2時まで
ベッドに入るのは午後11時までに(成長ホルモンの分泌を促す)
寝室を真っ暗闇にする
寝室にスマホは持ち込まない
寝る前にゆるストレッチ
日中太陽を浴びる(特に午前中)
適度に運動

 

「睡眠は人生のすべてを左右する」とアメリカの栄養指導者のショーン・スティーブンソンも『SLEEP』という本で説明しています。

細かいことは他にいっぱいありますが、睡眠が浅いという方はまずこちらから試してみることをお勧めします。

この他に簡単にぐっすり眠りたいという方にお勧めな方法は2つ。

熱いお風呂に浸かる(肌が赤くなるくらい)
くたくたになるまで運動する

これは自律神経を上手に利用した方法なのでいとも簡単に寝れます。

 

先日、日本三霊山のひとつ白山のご来光を見に行きました。
充分な運動と充分な太陽光を浴びましたのでぐっすり眠れました。

毎日は無理かもしれませんが、たまにぐっすり眠る日を決めて一日の過ごし方を考えてみるのもいいと思います。

健康と美容に睡眠の質は何よりも大切です。

日常の癖。

こんにちは。シーズスタイル堀です。

今日は施術後、お客様にお伝えしている気を付けていただきたい日常の癖について。
これを意識できればずいぶん姿勢が変わります。

 

・片方の足に重心をかけて立つ→両方の足で立つ

・片方のお尻で座る(足を組む)→両方のお尻で座る

・荷物をいつも同じ片方の肩で持つ→いつもと逆の肩で持つ

・足裏を使わずぺたぺた歩く→足裏を使って音を立てずに歩く

・足を引きずって歩く、かかとからドスドス歩く→かかとを上げてつま先から着地を心がける

・立つ時も座るときも骨盤を立たせる(骨盤の三角形を垂直に保つ←来店された方は分かる)

・頬杖、スマホを見るときの猫背

・立つ時にかかとと骨盤を離す(膝に体重を乗せない)

まだまだありますがまずはこれが基本です。
正しい姿勢も是非参考にして下さいにこ

つま先の向き。

こんにちは。
シーズスタイル堀です。

突然ですがあおむけに寝転がった時のつま先はどこを向いていますか?

内側に向いていますか?
まっすぐですか?
外側に向いていますか?
右と左の左右差はありますか?


理想のつま先の向きは外側に開いている

つま先がまっすぐや内側に向いている場合は太ももの骨が内側にねじれている状態です。
股関節や膝も内側にねじれているということになるので内股ということになります。

人には「リンパ管」というものがあります。その管の中を流れているのがリンパ液です。
そして体中のリンパ液を集めて仕事の効率を向上させるためのそれぞれの関所を「リンパ節」といいます。

リンパ節の働きの一つに老廃物を回収するシステムがあります。
通常、老廃物は静脈に取り込まれて心臓に戻りますが、静脈に戻すと負担になるものはリンパ管に流します。
つまりリンパ節は静脈では処理できない老廃物を分別処理し排せつするという大切な役割をしています。

 

内股はなぜいけないか

太ももの骨の付け根には鼠径リンパ節があります。
鼠径リンパ節には卵巣や子宮からでる老廃物が運ばれます。リンパ節 に対する画像結果

その老廃物を集め処理をするのが鼠径リンパ節。
鼠径リンパ節で処理をした不要物は静脈またはリンパ管に流して体外に排出します。

しかし太ももの骨が内側にねじれていると鼠径リンパ節は圧迫されて狭くなり処理した不要物をうまく流すことができません。
不要物は滞留し様々な下半身(おへそから下)の不調につながります。

逆に太ももの骨が外側に向くことで鼠径リンパ節は解放され処理した不要物が流れやすくなります。そして新たな体液が入ってくることで代謝が良くなります。

からだは動いたり思考なりした際には必ず老廃物がでます。
その処理がうまくいくかいかないかはとても重要なのです。


これは立っていても座っていても歩く時も同じです。
太ももの骨は外旋(外向き)が構造上理にかなっています。

太ももが内側に向いてしまうのは股関節のずれや歪み、足裏や脚の使い方が大きく関わります。
シーズスタイルでは股関節の矯正が中心ですが状態の原因や日常のケアのお話もしっかりしています。
一番大切なことは日常にあるからです。

ご自分で内側にねじれているか試す方法はあぐら。
スムーズにかけるかかけないかチェックしてみてください。

内股(股関節が横にずれたりねじれた状態)にはいろいろな問題がありますが今回は鼠径リンパ節についてのお話でした。